原子力発電のデメリット:放射能

原子力発電は生み出すエネルギー量が膨大で、現代人の生活を安定させる力を持っています。しかし、エネルギーを生み出す度に放出される放射線は、人にも環境にもダメージを与えるリスクとなります。放射線を出す能力を持つ放射能は、原子力発電の利用において無視することのできない要素です。仮にもし放射能が発生しないとしたら、とてもクリーンで安全性が高い優れたエネルギー源となるでしょう。ところが、現実には解決できていない課題を抱える、非常にリスクの高い発電方法となっています。

 

放射能原子力発電

 

放射能対策は、原子力発電を行う上で避けて通ることができませんし、何もしなければ数百年、あるいは数千年や数万年もの間人が住めなくなることもあり得ます。それだけ大きなデメリットを抱えていますが、電気が必要不可欠な現代においては、コストの面から各国で採用されています。原子力発電で生じる放射能は、外部に漏らさないことが第一ですから、綿密に設計されている建物や人的な管理が必要です。平時は密閉されているとしても、地震などの災害やテロといった被害が発生すると、建物に破損が生じて外部に漏れ出す恐れがあります。

 

実際に、日本では津波の影響を受けて原子力発電のコントロールが効かなくなり、強力な放射能を持つ放射性物質を環境中に放出してしまっています。また、人的なミスによる放射能被害も過去に起こっていますから、こういうリスクも原子力発電は見逃せないポイントです。大きなメリットは確かにありますが、それ以上に万が一の時に生じるリスクというデメリットが大きいわけです。使い終えた燃料の管理や処分も問題ですし、こちらも発電所と同様に放射能リスクを持ち続けることになります。原子力発電は効率が優れていますが、安全性に関しては微妙なところで、ひと度トラブルが生じると施設外にも被害が及びます。自然環境中にも放射能を持つ物質は存在しますが、人工的に作られる原子力発電が放つ放射線は、自然のものとは比べ物にならない規模です。

放射能汚染に対してウォーターサーバーは安全?

原発事故の影響で飲み水の安全性への関心が高まり、ウォーターサーバーを設置する家庭が増加しています富士山をはじめとして日本各地の「名水」を採取した天然水などをカートリッジに封入しているのが特徴で、水源近くに設置された取水設備から組くみ上げたものをいつでも飲料に及ぶことができるのが大きなメリットになっています。それでは放射能汚染の不安にこらえる形で設置されていることが多いウォーターサーバー、本当に放射能汚染の心配はないのでしょうか。ウォーターサーバーのカートリッジのための水は天然水のほかに、特殊な加工のされたろ過装置で生成されたRO水になっています。天然水は放射能汚染のリスクのない、富士山のふもとや京都・熊本などの地域です。またRO水はRO膜と言う水分子だけを通す仕様になっている非常に目の細かいフィルターで濾過しているので、放射能はもちろん塩素や細菌などの微生物やダイオキシンなどの化学物質の汚染の心配もありません。従って天然水でもRO水でも放射能汚染の心配は不要と言えます。

 

ただ実際に出荷する水についての安全性を確認することで初めて、安全性を明らかにすることがかないます。そこでウォーターサーバー各社のメーカーでは自主的な放射能検査を行っています。現在のところ放射能が検出された報告はなされていません。このように水そのものの放射能対策は万全になっていることから、安全性が高いのは納得いただけたことでしょう。ただ現在の高い人気を誇るのには別の側面があることも事実です。富士算や霧島などの天然水の魅力はミネラルを豊富に含んでいることです。日本の水道水はミネラルが少ない「軟水」のことが多いので、人体に有用なミネラルを摂取するのが難しいといえます。これに引き換えウオーターサーバーに使用される各地の「名水」には生産地によって特徴的なミネラルを配合になっているので、長期間飲用することで健康面にも嬉しい変化を期待できます。

放射能測定器の特徴

放射能測定器は、放射線を測定するための機器で、放射線測定器とも呼ばれます。放射能とはX線やガンマ線などの放射線を出す能力のことであり、放射性物質のほか放射化した物質を指します。一方で放射線そのものは放射能から発せられる運動エネルギーをもって流れる物質粒子のことを意味します。
生物にとっては有害なものであり細胞の破壊などを引き起こすことになり強力な放射線を浴びることで死に至ります。ただし特徴を上手く使うことで役立てることができ、レントゲン撮影による非破壊検査や集中して問題の患部に照射することで破壊する癌の放射線治療などが知られます。

 

放射能特徴

 

日本を含めて放射能となる物質は厳重に管理されていますが、目に見えるものではなく、専用の測定器を利用しなければなりません。それが放射能測定器です。検出器にはガイガーカウンターとも呼ばれるものでは、GM管が使われているのが一般的ですが、近年はSi半導体を使っているものもあります。いずれの方法も検出器を通ることで起こる作用によって検出する仕組みでGM管では電離放射線を検知してその回数をカウントします。またSi半導体では電離作用が発生し、電子正孔対が生成され電気が発生するため、その電気を測定することで強さを測定します。

 

放射能測定器はGM管を使用したものが一般的であり、計測できる放射線の種類によっても値段が変わってきますが、一般向けに販売されているものでも1万円以上するものです。しかし、安価なモデルでは5,000円以下で発売されるものもあります。

 

ただし、どの測定器にも言えることですが、校正が重要になります。校正はその測定器が正しい数値を表示しているか確認するものです。出荷された時点で校正されていますが、時間が経つと時計と同じでその精度が低下していきます。これを校正によって補正することが必要で、放射能測定器を購入するさいには校正を行っているのかもポイントになります。

放射能汚染の人体への影響について

水道水を安心して飲むことができるかどうかは、いつの時代も議論を呼び起こす問題になります。原子力発電所の重大な事故が起こってしまったことで、放射能汚染について考えざるを得ない状況になってしまいました。美味しいかどうかという観点の議論は個人の感覚に任せればよいのですが、放射能汚染が引き起こす人体への影響がどのようなものなのかを考えることは極めて重要です。人体への影響が全然なかったり、ほとんどなかったりするのであれば、それほど深刻な問題として捉える必要はありません。しかし一定以上の影響がありうるとすると、簡単に片づけてしまうことはできない問題になります。

 

日本という国は水道水が安全で、そのまま気軽に飲むことができる国だと考えられてきました。確かに、国によっては水道から出てくる水の品質が低く、とうてい飲めないことがあります。放射能汚染について考える必要がなかった頃の日本では、水道水の品質は極めて高いもので、誰もが人体への影響などを気にせず飲んでいたものです。ところが、現実に原子力発電所の事故が発生した以上、何も考えずに飲み続けるというわけにはいきません。

 

ただし、人体への影響が極めて大きいと考えられているのではなく、水道水を飲んだからといって直ちに健康被害が出るということは基本的にないのです。もちろん、積極的に水道水を飲むべきだと考えられているわけではありません。原則としては飲用に適した水を飲むようにするのが望ましいのですが、他に飲む水がないといった状況では水道水を飲むことも問題ないわけです。

 

放射能汚染に関する問題は、水に限ったことではなく食品についても起こっています。人体への影響を特に意識しなくても済む場面でさえ、食べたら危険だ、飲んではいけない、といった注意が頻繁に出ることがあるのです。その結果、販売者・生産者に経済的な影響が出てしまい、風評被害として新たな問題となっています。放射能汚染の程度が深刻なものではない以上、水道水を飲むかどうかは個人の判断で決めることが大切です。

放射能VSタバコ どちらが危険!?

活性酸素が私たちの健康に影響しているのはよく知られていることです。正常な細胞を傷つけてしまうことで、病気のリスクを高めてしまうわけです。肌トラブルの原因としても有名であり、紫外線を浴びると肌老化が進行するのはバリア機能が低下することが関係しています。つまり活性酸素が過剰に発生する状態は、健康・美容面でデメリットがあるわけです。放射能が健康被害を引き起こすと言われる理由にも活性酸素が関係しているため、その対策として水素水が効果的です。水素水には優れた活性酸素除去力があるので、身体を本来の健康体に近づけてくれます。放射能を受ける可能性がある地域に住んでいる方は、積極的に水素水を摂りたいものです。

 

放射能タバコ

 

放射能はガンの発生率を高めることでも知られています。ガンを予防するためには規則正しい生活が大切ですが、遺伝体質により発生しやすい方がいます。ほかにもストレスや放射能などが関係していますので、水素水を飲んで活性酸素を撃退していきましょう。水素水はそのまま飲んでも効果的ですが、水素水風呂として入浴するのもありです。後者はより効率的に水素を吸収できるので、飲むだけで実感できない方におすすめします。放射能のダメージを軽減するために大切となるのは、体内の抗酸化力を高めることです。私たちの身体は日々の生活の中で、活性酸素によるダメージを受けています。これを少しでも軽減することにより、健康体を維持できるわけです。

 

健康を維持することは長生きの秘訣であり、何よりメリットが大きいのは不健康を回避できることにあります。ひとたび病気になってしまうと治療が必要になりますが、病気を発症しなければ治療は不要でしょう。予防は最強の治療と言われるように、不健康を招かないことが何より大切になります。健康を維持するためには細胞レベルで元気にしていく必要があるので、細胞を活性化させるためにも水素水を活用してください。60兆個の細胞を元気にすることが病気を防ぐポイントとなります。